2015年2月28日土曜日

ハワイ研修 国際交流基金助成日本語教育実習を終えて 


実習を終えて


 ハワイ研修は学生たちにとって貴重な経験だったと思います。教えたりすることはもちろんですが、日本語教師の仕事や海外で仕事をするとはどういうことなのか、研修を通じて学べたように思います。リーワードコミュニティカレッジの日本語プログラムの先生方は学生達に丁寧なご指導をして頂き、お世話になりました。
 研修中は毎日、授業を教えるための準備や先生方との打ち合わせ、そして日本語の実習など本当に忙しかったですが、充実した日々を過ごすことができました。ホテルでは毎晩、次の日の準備をしたりリハーサルをしたりして準備をしました。準備がいかに大切かということをよく学んでくれたと思います。

 実習の最終日は、総まとめとしてこちらの日本語の先生による講義がありました。21世紀型の教師のスキルは、「異文化コミュニケーション力」、「クリティカルシンキング力」、「創造力」、「協力、協調する力」、「リーダーシップと責任感」、「情報リテラシー」が重要であるということを学びました。また、日本語主任の浅井先生と「いい先生とは何か」についてディスカッションしました。いい先生とは「常に向上心を持っている教師」、「責任感のある教師」、「学生に対して愛情を持って接する教師」、「教壇では場面毎で役者のようになりきり、学習者に分かりやすい授業をする教師」などの意見がでていました。


  クロージングセレモニーでは、理事長先生と日本語主任の浅井先生から一人一人にサティフィケートが渡されました。また、日本語の学生たちや日本語の先生方も参加して一緒に祝って下さいました。


そして、最後にこちらの学生さんたちとピクニックをしたりしてハワイを楽しみました。日本に帰ってからも交流が続くことを期待しています。

                         研修引率 国際交流学科 林千賀

0 件のコメント:

コメントを投稿