2015年2月28日土曜日

ハワイ研修 国際交流基金助成日本語教育実習(8日目と9日目)報告

こんにちは

城西国際大学大学院グローバルコミュニケーション専攻日本語教育研究分野1年の小早川絵理です。去年、国際交流学科を卒業しました。私は、学部の時に国際交流基金助成プログラムでハンガリーの姉妹大学で日本語教育実習研修に参加しました。今回は、リーワードコミュニティカレッジの日本語のJapanese 101, 102, 201, 202の授業で日本語実習をさせて頂いています。台湾コミュニケーションインターンシップなどこのような海外日本語教育実習に参加させて頂くのは、4回目になります。それぞれの研修で貴重な経験をさせて頂きましたが、ハワイの研修も大変、勉強になっています。
 ハワイでの日本語教育事情やリーワードコミュニティカレッジの日本語の授業がどのように教えられているかよくわかりました。オーディオリンガルアプローチの教授法(文型パターン練習)とコミュニカティブアプローチの教授法(習った文法項目が使用できる活動)を使っていました。パターン練習では、学習者の反応を見ながら、臨機応援に反復練習をしたり、代入練習をしたりしなければならないのが難しかったです。実際に使えるようになるタスクシートや学習者のクリエーティブな文を作らせるような活動は、大変、勉強になりました。また、学生とコミュニケーションをとることの重要さも感じました。いい先生になるには、向上心を常に持ち、学習者のためを思って教材を作成したり、教えたりすることが大切だと思いました。今回の研修に参加して本当によかったと思っています。このような機会を下さった大学と国際交流基金に深く感謝いたします。ありがとうございました。


 




0 件のコメント:

コメントを投稿