2015年2月28日土曜日

ワルシャワの小学生に英語で日本文化を教える


国際交流学科1年の伊勢田 怜です。
223日、私達はワルシャワ市内の第65小学校を訪問し、9-13歳の子どもたちに英語で折り紙や福笑いなどの日本の文化を教えました。私達も生徒と一緒に折り紙で箱を作ったりゲームをしたりして、楽しく取り組むことができました。ひらがな、漢字、カタカナを教えたところ、自分の名前は日本語でどう書くのかという質問を受け、日本語に対して興味しんしんの様子でした。また、高学年の生徒たちが英語でポーランドについてのプレゼンテーションをしてくれました。伝統的な料理や観光スポットなどを上手に紹介していました。スポーツにも力を入れているとのことで、アーチェリーの練習を見学・体験させてもらいました。
 
お昼には食堂で一緒に給食を食べました。とても良い異文化交流ができたと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿