2015年9月22日火曜日

海外日本語教育実習 台湾 コミュニケーションインターンシプ

コミュニケーションインターンシップ ご報告5
<国立高雄餐旅大学での実習が始まりました>

 週末のホームステーが終わり、9月20日に高雄に移動しました。本学の姉妹提携大学国立高雄餐旅大学に来て、2日間の予定で日本語教育実習が始まりました。到着後にすぐにこちらの日本語学科主催で学生さんたちによる歓迎会がありました。また、次の日にはキャンパスツアーをして頂き、ホスピタリティを学ぶ大学ならではの施設を見学しました。



 23日の週末ホームステイが終わり、ホームステイファミリーとのお別れ、そして高雄への移動でした。ホームステイでは、台湾の一般家庭の生活を体験することが出来ました。やはり、日本とは様々な違いがあり、戸惑うこともありましたが、ホームステイファミリーに助けられながら快適に過ごすことが出来ました。土曜は九份に行き、台湾の食文化に触れたり、素晴らしい建物や景色を見ることが出来ました。高雄では、高雄餐旅大学の学生たちに歓迎会を開いてもらい、交流会をしました。高雄餐旅大学の学生たちはとても元気でたくさん話をすることができ、日本語の勉強をしようとする意欲が伝わってきてとても刺激を受けました。実習も頑張りたいと思います。

国際人文学部 国際交流学科 1年 田崎






 歓迎会ではこちらの学生さんが用意して下さったゲームや本学の学生が準備したアイスブレーキングゲームで大変、盛り上がりました。日本語学科の1年生から4年生までが私たちを歓迎してくれました。 また、キャンパスツアーで台湾の文化が展示してある教室やワインテースティングの施設を案内して頂きました。



 また、ホテルのベットメーキングの教室や航空関係の施設も見学しました。ホスピタリティを専門とする大学で日本語科目の中にホテル日本語やレストラン日本語などの専門的な科目があるのが特徴です。


 国立高雄餐旅大学にはホスピタリティを学ぶ学科が多くあり、日本語学科以外の多くの学生が日本語を学んでいます。初級の学生たちも大変、熱心に私たちの授業に参加してくれました。日本語を教えるのは難しいですが、授業の終わりには学んだことが言えるようになり、充実感で一杯です。教えることは、とてもやりがいのあることだと思いました。最後の実習も頑張りたいと思います。国際交流学科 1年 海保

0 件のコメント:

コメントを投稿