2016年5月15日日曜日

ポーランド研修(その11)

私のひとこま(2)

研修中の移動や市内見学には、路線バスや路面電車、地下鉄といった公共の交通機関を利用しました。どの乗り物にも同じ切符で乗れるという、日本とは異なる交通システムや、乗り物のデザインにも興味を引かれました。


停留所の近くにある券売機。クレジットカードも使えます。
 
 

 
 私はポーランドでは近代的なビルよりも旧市街のような古めかしい建物の方が多く、車もあまり走っていないというイメージを持っていました。が、実際に行ってみたら、ワルシャワ市内にはたくさんの駐車場があり、車がものすごく多いことに驚きました。

 車以外の交通機関では、バス・路面電車・地下鉄があります。1日券を買うと、15ズウォティ(日本円に換算すると約600円)でバス・路面電車・地下鉄のどれでも1日乗り放題になります。日本ではそれぞれ別の機関が運営していて、料金や切符などは別々になるのが当たり前なので、とても驚きました。

 

 また日本ではあまり路面電車を見かけないので、道路に電車が走っているという光景が不思議でした。バスは日本のバスよりも長く、中央部が蛇腹のようなものでつながっていてとても大きいです。(1年 田崎 一葉)












 

 ワルシャワ市内には、トラムと呼ばれる路面電車が走っています。トラムは、ワルシャワ市内を縦横に走っているので、市内観光にはうってつけだと思います。
 種類は旧型から新型まであり、私はこの研修中、三種類に乗ることができました。旧型車は、まるでアトラクションにあるかのようなレトロな形で、車内も同じような雰囲気だったので、たまらなくかっこよかったです。新型車は、部分低床の連接車なので、お年寄りに親切な設計になっていました。住民の声を形にした車両だと感動しました。

 

 
どのトラムも、それぞれいろんな味があり、車窓から見える景色もとてもよかったです。ワルシャワへ観光する機会があれば、ぜひ一度トラムを利用してみてはいかがでしょうか。(1年 幡野 晃平)
 

 




0 件のコメント:

コメントを投稿