2016年5月7日土曜日

ポーランド研修(その2)

研修1週目(2)

ワルシャワ大学での講義の合間には、博物館や世界遺産を見学しました。ワルシャワはポーランドの歴史を体現しているような街です。ワルシャワ大学は第2次世界大戦で破壊された建物を一つ一つ忠実に復元した地区の一角にあり、キャンパスツアーでは、ワルシャワ大学とポーランドの歴史との関わりを詳しく学ぶことができました。

内外の著名人がスピーチを行った大講堂で演説体験!
 


3日目、私たちは旧市街と王宮を見学に行きました。旧市街は世界遺産にも登録されており、ポーランドを体で感じることができました。旧市街には住宅はもちろん、おしゃれなお店やカフェやレストランが多く並んでいました。イルミネーションもされておりきれいでした。第2次世界大戦で破壊された街をとても上手く復元しており、外観の細かい所も忠実に再現されているのですごい技術だと思いました。王宮では煌びやかな部屋がたくさんあり、大理石の部屋や王座、国王の更衣室や寝室、大広間や絵画も見ることができました。一つ一つの部屋がとても豪華で、興奮してしまいました。ガイドの方の説明は英語でしたが、丁寧に説明してくださったので聞き取ることができました。(1年 及川紗采)
 
 





0 件のコメント:

コメントを投稿