2017年9月23日土曜日

海外日本語教育実習④コミュニケーションインターンシップ日本語教育実習を終えて


<研修を通じて>
本研修は、城西国際大学コミュニケーションインターンシップとして海外日本語教育実習のために台湾の姉妹大学で実習の研修を行いましたが、実習以外にも日本語を学ぶ学生さんたちと交流することができました。台北城市科技大学の学生さんとは土曜日に九芬に一緒にいったり、市内観光をしたりして交流を深めました。学生たちはSNSを通じて今後も交流していくだろうと思います。本学の学生にとって素晴らしい経験と思い出になったと思います。

台北城市科技大学の学生さんと一緒に九芬にいきました。一緒に観光したり、日本語をたくさん話したりしてとてもいい交流になりました。
また、研修中には食文化や台湾の歴史にも触れることもできました。


週末の交流会では一緒に一日中パートナーと一緒に話したりご飯を食べたりして交流をふかめました。授業以外での交流も今回の研修生にとって素晴らしい経験になったと思います。この写真は、国立高雄餐旅大学の学生さんたちとはバスツアーで一日中、交流しながら観光をしたり美味しい物を食べたり、台湾文化を学びました食べたり、台湾文化を学びました。



この研修に出発する前の2週間は、実習の準備期間でした。教材を作ったり、教案をもとに練習したり、朝10時から5時までしっかりと準備をしてから出発しました。この準備の成果が今回の実習でもいかされていたのだと思います。





<学生の声>
三つの大学を訪れ、日本語の授業を行いましたが、それぞれのレベルに合わせた授業を行うことがどれだけ大変なことなのかを身に染みて感じました。だから、授業はやりがいがあり、授業を行っている間は緊張と不安で押しつぶされそうでしたが、友達やグループ・先生の支えによって楽しく授業が行えました。
台湾の学生と交流して、台湾の方たちの温かさに触れ、食文化など日本との違いに戸惑いもありましたが、この研修に参加しないと絶対に味わえない経験をすることができ、自分の成長を感じられる研修になりました。
                         国際交流学科2年 室井 育

今回の研修で、実際に授業をすることはとても難しく、苦戦することもありましたが、生徒たちの感謝の言葉に励まされ、自分の向上心にもつながりました。授業だけでなく台湾の学生との交流で、台湾の文化に直に触れ合うことができ、普段絶対にできない経験ができました。
                         国際交流学科1年川平 穂乃花

最初は食文化など、戸惑いがあり正直やっていけるか不安でした。しかし、授業に積極的に参加してくれる生徒や先生方の支えによって研修も乗り越えることが出来ました。日本語に興味を持ってもらえる授業にしようとグループで何度も話し合い、いつも楽しいい授業を行うことができました。今後はこの研修の経験を活かしていきたいと思います。
                                国際交流学科1年北川 樹


<教育実習を終えて>

 将来、この研修グループの中から何人が日本語教師になるのか、今からとても楽しみにしています。台北城市科技大学には、歴代3名の本学出身の日本語専任教師がおります。清野先生も本学の出身で独立行政法人国際交流基金から助成を頂いたハンガリー日本語教育実習の研修に本学国際交流学科1年生の時に参加しました。また、10月には本学国際交流学科3年の学生が台北城市科技大学にて教育実習が始まります。これは国際交流基金から助成を頂いて派遣できているプログラムです。国際交流基金からは2009年度以来、助成金を頂き、ノルウェー、ハンガリー、アメリカ、中国、台湾、韓国、フィリピンなどへ実習生を派遣することができました。
 本学では、今までに300名以上の学生たちがこのような日本語教育実習の研修に参加してきました。その内、現在20名以上が高等機関や日本語学校で日本語を教えています。本研修は、将来、日本語教師を目指すかどうかを考えるよい機会を提供していると思います。また、英語教職を履修している学生の参加もあるため、教壇に立つとはどういうことなのか、同じ語学を教えるという点において共通していると思います。
 今回の研修を通じて、臨機応変に対応する力、授業をやり終える責任感、グループをまとめるリーダーシップなどを学ぶことができたと思います。将来のキャリア形成に役立ててほしいと思います。
引率:国際人文学部国際交流学科 林千賀



0 件のコメント:

コメントを投稿